メニュー

院長ブログ

出血=切れている、ではないことも多いです(2021.09.10更新)

こんにちは、スタッフOです。少し過ごしやすくなってきましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

当医院にお越しになる方の多くは、お尻の悩みで来院されるわけですが、主訴の多くに、「お尻が切れて出血した」というものがあります。

腕や足などをケガすると出血しますので、出血=切れている、という認識が一般的かもしれません。

ですが、痔によるお尻からの出血の場合は、必ずしも切れているとは限りません。

むしろ、切れている、いわゆる「切れ痔(裂肛)」は割合としては少なく、圧倒的に多いのは、「いぼ痔(痔核)」です。

簡単にいうと、お尻の中は柔らかい粘膜ですので、切れていなくても、そこが腫れていれば、排便時等にこすれて出血する場合があるのです。

診察時に「切れていませんよ」とお伝えすると、出血しているのにどうして切れていないの!?とビックリする方もいらっしゃるのですが、そういう理由からです。

どちらにせよ、お尻にお悩みのある方は、一人で悩まず、専門医の受診を! ^^

 

奈良県大和郡山市南郡山町539-9

0743-54-0301

関谷医院

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME